Over

120,000

Worldwide

Saturday - Sunday CLOSED

Mon - Fri 8.00 - 18.00

Call us

 

現場向け社会人の基本コース(CEE)


現場の新社会人に求められるビジネスマナーや仕事への取り組みの姿勢・基本を習得し、仕事を通じて自己を成長させることをめざす新人を育成するコースです。
購入したコースにアクセスするためにはログイン してください。
アバター
by CSCコンサルタント
5時間
8 レッスン
24 人受講

社会人として仕事をするためには、学生と社会人と違いを認識するとともに、基本的なマナーなどを身につける必要があります。このコースでは、社会人としての意識と姿勢について理解を深め、現場業務における職場でのビジネスマナー、仕事のQCDS、指示の受け方、報・連・相、モノの取り扱い方、安全衛生など社会人としての基本を習得します。

こんな方におすすめ

  • 現場業務に従事する新社会人、新入社員の方
  • 現場業務に従事するこれから社会人になる方
  • 現場業務に従事する社会人歴が浅い方

学習項目とステップ

社会人としての意識と姿勢の理解を深めるために必要な社会人とは、会社の使命/しくみ、利害関係者、経済的自立と心がけること、自己管理と心がけること、自己責任と心がけること、アウトプットに責任を持つ、プロ意識を持つ、自己成長のためのポイント、つながりで相乗効果を生む、チームの一員として仕事をする、働く意義の探求のためにの基礎知識の習得をします。

職場でのビジネスマナーを高めるために必要な身だしなみ、挨拶、言葉づかい、勤怠の自己管理、勤務シフトの確認と調整、遅刻等連絡、電話応対の基礎知識の習得をします。

仕事のQCDSの理解を深めるために必要なQCDSは仕事の基本、品質とは、コストとは、納期とは、安全とは、営業/開発・製造・物流/管理・間接の品質・コスト・納期、オフィスの安全、工場・現場での安全、身を守るために、良い仕事をするためにの基礎知識の習得をします。

指示の受け方を高めるために必要な仕事は指示から始まる、仕事に取り組む姿勢、指示の受け方のポイント(返事、メモを取る、話の聞き方、疑問点や不明点の質問、内容確認、優先順位と負荷の調整)の基礎知識の習得をします。

報告力・連絡力・相談力を高めるために必要な報告・連絡・相談とは、報告の仕方のポイント、連絡の仕方のポイント、相談の仕方のポイントの基礎知識の習得をします。

モノの取り扱い方を高めるために必要な仕事におけるモノとは、モノの取り扱い方の影響、モノには状態がある、置かれている状態を見る、現品の確認、モノの運び方/置き方、モノの識別、モノは中途半端な状態にしない、モノの片付け方、資格が無いものは扱わない、情報の取り扱い、ルールを守るの基礎知識の習得をします。

安全衛生を高めるために必要な労働安全の基本、安全管理上の欠陥、安全管理の対象(人的面、設備面、作業・環境面、管理面)、作業者として心掛けること(ヒューマンエラーの予防、コミュニケーション、危険源の回避、危険区域に近づかない、反射的挙動の注意、止める・呼ぶ・待つ、ポカヨケ、予期せぬ起動への注意、安全点検、保全、気球時の備え、ヒヤリハット)の基礎知識の習得と「KYTシート」を用いた作業の中に潜む危険の洗い出し演習によって実践力を高めます。

モジュール