Over

120,000

Worldwide

Saturday - Sunday CLOSED

Mon - Fri 8.00 - 18.00

Call us

 

オフィス・サービス向け仕事の見える化・標準化コース(CFB)


オフィス業務やサービス業務の仕事の見える化や標準化を行い、生産性を高め、仕事の品質向上をはかる力を育成するコースです。
購入したコースにアクセスするためにはログイン してください。
アバター
by CSCコンサルタント
6時間
10 レッスン
23 人受講

仕事のやり方が決まっていなかったり、判断基準が違っていたりすると、仕事の品質や生産性は悪くなります。仕事の見える化や標準化を行うことで、生産性を高めるとともに、仕事の品質向上をはかることが大切です。このコースでは、オフィス業務の作業手順書の使い方、作業手順書のつくり方、サービス品質基準の使い方、つくり方、異常処置マニュアルの使い方を習得します。

こんな方におすすめ

  • オフィス業務やサービス業務の見える化や標準化をめざす方
  • オフィス業務やサービス業務の見える化や標準化で仕事の品質を向上したい方

学習項目とステップ

オフィス業務の作業手順書の使い方を高めるために必要な作業手順書とは、作業手順書の見方・使い方のポイント、標準化改善の基礎知識の習得と「オフィスの作業手順書の使い方演習シート」を用いた作業手順書の使い方演習によって実践力を高めます。

オフィス業務の作業手順書のつくり方を高めるために必要な作業手順書をつくる目的、手順書作成のステップ(準備、手順設計、作業支援設計、トライアル評価、ツール整備)の基礎知識の習得と「オフィスの作業手順書シート」を用いたオフィスの作業手順書作成演習によって実践力を高めます。

サービス品質基準の使い方を高めるために必要なサービス品質基準、基本情報/評価項目と基準/評価方法と処置の見方・使い方の基礎知識の習得と「サービス品質基準の検討シート」を用いた事例のサービス品質基準を使う上での問題点のケーススタディによって実践力を高めます。

サービス品質基準のつくり方を高めるために必要なサービス品質基準、サービス評価の考え方、サービスレベル評価の内容と評価基準事例、サービス構成要素評価の内容と評価基準事例、基本情報/評価項目と基準/評価方法・処置のつくり方と書き方の基礎知識の習得と「サービス品質基準帳票」を用いたサービス品質基準の作成演習によって実践力を高めます。

異常処置マニュアルの使い方を高めるために必要な異常処置マニュアル、基本情報/異常発生時の対応手順/主な異常処置方法の見方・使い方の基礎知識の習得と「異常処置検討シート」を用いた異常処置マニュアル使用上の問題点に対するケーススタディによって実践力を高めます。