Over

120,000

Worldwide

Saturday - Sunday CLOSED

Mon - Fri 8.00 - 18.00

Call us

 

QC手法コース(CFG)


QCストーリーとQC手法を体系的に学び、
事実と原因を基点とした科学的アプローチによる改善力を育成するコースです。
購入したコースにアクセスするためにはログイン してください。
アバター
by CSCコンサルタント
7時間
10 レッスン
24 人受講

職場における改善活動は、品質管理の一貫として、品質意識を高めることと、工程で品質をつくり込むために始められました。品質管理のために職場で行う改善活動ということで、QC活動などと呼ばれます。改善は、論理的かつ統計的アプローチが取り入れられ、QCストーリーと言われる問題解決のステップとQC7道具に基づいて行います。また、言語データを扱う場合は、新QC7つ道具が用いられます。このコースでは、QCストーリーなどQCの概要を理解し、QC7つ道具、新QC7つ道具について習得します。

こんな方におすすめ

  • QC手法を学びたい方・身に付けたい方
  • 組織において改善を推進・実践したい管理者・リーダー・担当者の方

学習項目とステップ

QC手法の概要の理解を深めるために必要なQCの理解、QC的問題解決アプローチ、テーマの選定、現状の把握、目標の設定、原因の分析、対策立案/実施、効果の確認、歯止め/標準化の基礎知識の習得と「現状把握シート」を用いた重要特性の明確化の演習によって実践力を高めます。

現状調査から原因分析に役立つQC7つ道具を使う力を高めるために必要な統計データの基本、層別、QC7つ道具、チェックシート、チェックシートのつくり方、特性要因図、特性要因図のつくり方、散布図、散布図のつくり方の基礎知識の習得と「特性要因図作成シート」を用いた特性要因図作成演習によって実践力を高めます。

対策立案から実践・分析に役立つQC7つ道具を使う力を高めるために必要なグラフ、折れ線/棒/円/帯グラフ・レーダーチャートのつくり方、パレート図、パレート図のつくり方、ヒストグラム、ヒストグラムのつくり方、管理図、Xbar-R管理図のつくり方、管理図の見方の基礎知識の習得と実践演習帳票を用いたヒストグラム作成演習によって実践力を高めます。

事象の関係性の整理・分析に役立つ新QC7つ道具を使う力を高めるために必要なQC7つ道具と新QC7つ道具、言語データを定性的に分析する目的、親和図法、親和図法の使い方、連関図法、連関図法の使い方、マトリックス図法、マトリックス図法の使い方の基礎知識の習得と「要因抽出シート」を用いた連関図作成演習によって実践力を高めます。

事象の予測と計画に役立つ新QC7つ道具を使う力を高めるために必要な系統図法、系統図法の使い方、アロー・ダイヤグラム、アロー・ダイヤグラムの使い方、PDPC法、PDPC法の使い方、マトリックスデータ解析法、マトリックスデータ解析法の使い方の基礎知識の習得と「方策展開シート」を用いた系統図の作成と系統図法の使用演習によって実践力を高めます。