Over

120,000

Worldwide

Saturday - Sunday CLOSED

Mon - Fri 8.00 - 18.00

Call us

 

現場の見える化コース(CJC)


現場の見える化によって普通では気づかない異常を浮き彫りにすることで、品質・生産性のロスや低下が起きる前に、未然に防止できる管理力を育成するコースです。
購入したコースにアクセスするためにはログイン してください。
アバター
by CSCコンサルタント
2時間
4 レッスン
32 人受講

製造現場で毎日起きていることを把握し、適切な処置を行うためには、目で見る管理(見える化によって管理すること)が有効です。このコースでは、製造現場の見える化の概要、品質・作業・ライン・設備における現場の見える化のノウハウを習得します。

こんな方におすすめ

  • 製造現場の見える化を進めたい現場の監督者・リーダー・担当者の方

学習項目とステップ

製造現場の見える化の理解を深めるために必要な現場で起きていること、見えないもの、「見える化」とは、「見える化」のねらい、現場の目で見る管理、アンドンで見える化、コマ・アンドンで見える化の基礎知識の習得をします。

現場の品質の見える化を高めるために必要な製品品質の正しい姿の見える化、製品品質の連続性の見える化、品質をつくる環境やリソースの変化点の見える化、組間違い組み忘れを検出する員数の見える化、品質不良に向き合うための不良品の見える化、材料不良の見える化の基礎知識の習得をします。

作業の見える化を高めるために必要な作業者のスキルの見える化、要員配置の見える化、人材育成の実行計画の見える化、手順の見える化、作業進捗の見える化、自律的管理、作業進捗の見える化と自律的管理、ルールを守らせる見える化の仕掛けの基礎知識の習得をします。

ライン・設備の見える化を高めるために必要なコマ・アンドンでラインの出来事の見える化、重大問題の見える化、チョコ停の統計的見える化、交換タイミングの見える化、交換忘れの見える化、保守計画の見える化、設備の設定の見える化の基礎知識の習得をします。

モジュール